無料SEO対策の方法

キーワードによりますが、SEO対策をSEO業者に依頼し検索順位を5位以内に入れようとすると最低でも数万~数十万は掛かります。

「ええ、そんなにかかるの?」と思われるでしょう。
「中古車」、「求人」のようなビックキーワードでは掛かる桁が違ってきます。
まず、SEOは検索順位を上げるために継続的に費用が発生するものだという認識をもたなければなりません。

その上で、それほど競争が激しくない「当別町 花屋」のようなキーワードであれば、自分でSEOを実施し、定期的にメインテナンスすれば上位化できます。基礎的なSEO対策は無料で自分で実施できます。キーワードの競合度の低いものだけならば、無料のSEO対策で検索順位を上位化させることも可能です。

Ohotuku.jpでは自分で実行可能な無料SEO対策:セルフSEOを中心にその手順を紹介し、
無料SEOチェックツールを提供しています。

PR

無料SEO対策の概要

無料SEO対策は大別して内部対策と外部対策の2つに分けることができます。内部対策とは、キーワード出現率、タイトルタグ、コンテンツ、ページ間構成などのサイトそのものに対する対策です。外部対策とは、外部のサイトから受ける被リンクのことです。検索順位は、内部対策4:外部対策6で決まると言って良いと思います。

Googleによると200要素を分析して検索順位を決めていると言っています。また重要な検索順位決定要因が40程度だと言う人もいます。しかし、弊社の5,000件以上のSEO業務経験から、言えることはサイトオーナーが対策可能且つ効果があるもので検索順位の8割以上を決めている検索順位決定要因は、「被リンク」、「タイトルタグ」、「キーワード出現率」、「ページ間のテーマ構成」、「コンテンツの更新・追加」の5要素です。

ここでは、既存のサイトを上位化させるために上記に示した検索順位決定要素を中心に「札幌 中古車」というキーワードについて無料SEO対策を解説していきます。

PR

キーワード選定

キーワードの選定はSEOの重要な要素です。既存のサイトのテーマと関連した集客しやすいキーワードを選定するのがポイントです。集客力があっても、競合が多いキーワードは上位化の難易度は高く、時間もかかると思ったほうがいいでしょう。例えば、「中古車」のようなキーワードでSEOするのは得策ではありません。なぜなら、資金力と技術力のある大手が「中古車」というビックキーワードで1位をに表示されるためにSEOの黎明期から戦いあっているからです。このようなビックキーワードの場合は、「札幌 中古車」などの複合キーワードを選定するなどして、検索トラフィックがある程度見込め、上位化が実現可能なキーワードを選定することが重要です。ただ、ここで使った「札幌 中古車」というキーワード はGoogleでは月間2900程検索トラフィックがあり、それなりに難易度が高く、個人でSEOを実施した場合50位以内に入ればかなり良い方だと思います。

Googleのキーワードツールを利用すれば、ターゲットにするキーワードの月間の検索トラフィック量や関連キーワードとその検索トラフィックがわかります。目安ですが、個人で無料のSEO対策が効果的なのは、Googleのキーワードツールで月間トラフィック数百以下でしょう。キーワードの性質にもよりますが、1000以上になると、ある程度お金をかけなければ検索順位の上位化は望めません。 弊社もWebサイトをいくつか運営していますが、検索順位を上げるためにかなりのコストが発生しています。これがSEOの現実です。

関連キーワードを選定する場合は、以下でも抽出することが可能ですので、ご利用ください。
関連語・候補キーワード一覧抽出ツール

タイトルタグ再設定

弊社のお客様に対する内部施工のアドバイスとして多いのが、狙ったキーワードをタイトルに入れて下さいというものです。かなり基礎的なことなのですが、初期施工の段階でWebサイト制作業者にSEOの知識がないと、こういった初歩的な間違いが発生します。コンテンツに対するキーワード比率が適正化されていても、タイトルタグにキーワードが入っていないのでは検索順位は上位化しません。タイトルタグには狙ったキーワードを含め、なるべく重要キーワードを左側に入れるようにして下さい。例えば、「札幌 中古車」のキーワードで狙うのであれば、「札幌の中古車なら|○○株式会社」のようなタイトルに変更します。

PR

キーワード出現率

既存のコンテンツに狙ったキーワードが5~8%の割合で含まれ、文章を構成しているキーワードの中で一番高い比率にします。サイトをリニューアルしたり、コンテンツを追加したりしているうちにキーワードの比率が変化し、狙ってないキーワードの比率が結果的に高くなることが多くあります。例えば、「札幌 中古車」をターゲットキーワードとしていたサイトが良く売れるスカイラインのコンテンツを増やしていったとします。スカイラインのコンテンツが増えすぎるとキーワード比率が最も高いのは「スカイライン」になってしまうかもしれません。検索エンジン側では、タイトルが「札幌 中古車」で、コンテンツはスカイラインのコンテンツだと認識し、タイトルとコンテンツの不一致があると判断し、場合によっては以前の検索順位より下落することもあります。

キーワード出現率は、SEO初期施工時に実施することも重要ですが、更新頻度の高い活発なサイトは定期的にチェックした方が良いでしょう。
キーワード出現率チェック

ページ間のテーマ構成

弊社では、2013年夏頃からこの要素を内部対策の秘策として特に重要視しています。サイト内のトップページ、およびその配下のページの間でタイトルや重要キーワード(キーワード出現率)が重複していないかどうかを確認する作業です。検索エンジンから見て対象となるページがサイトの中で、任意のテーマで際立っているかどうかを確認します。

これを弊社では「ページのテーマ際立たせ」と言っています。下記の「札幌 中古車」の例を説明します。この場合、サイト運営者はトップページを「札幌 中古車」で上位化を狙っていると仮定します。左図の場合、それぞれのページがテーマに沿ってタイトルとキーワードが正しく設定されていますので、Googleはこのサイト内ではトップページが「札幌 中古車」というテーマ設定しているのだと認識し、検索結果で反映します。しかし、右図の場合では、テーマに沿ってタイトルは正しく設定されていますが、キーワード出現率を見ると、どのページも「札幌 中古車」でテーマ立てされているように見えるため、Googleからするとどのページを検索結果に反映してよいのかわかりません。このため、左図に比べて検索結果が低位になってしまいます。

ページに明確なテーマが設定され、それに適合したタイトルとキーワード(キーワード出現率)が設定されているかをキーワード出現率ツールを使ってもう一度チェックしてみましょう。

PR

タイトルタグ再設定

検索順位に影響を与える最も大きな要素が被リンクです。これは、検索エンジン出現以来変わっていません。しかし、Googleは有料リンク、相互リンク、コメントスパムを禁止していますので、原則は優良な情報提供をし続けて誰かにリンクされるのを待ち続けるのが被リンクを増やす唯一の方法です。自分で多くのサイトを運営している場合は、自分で運営されているサイトからリンクを張るのも有効な手段です。

被リンクのペナルティを受けると、検索順位が下落(時には大きく下落)します。つまり、無料SEO対策の中心は内部対策ということになります。

ページの更新・追加

無料SEO対策で一番重要なのがページの更新と追加です。不自然な被リンクの設定がペナルティの対象となった今、検索エンジンから見て、定量的にサイトやページを評価をできるのはコンテンツの更新・追加のみです。キーワードに適合したオリジナル且つ、質の高い(ユーザにとって有益な)コンテンツを競合より頻度高く更新・追加していくことが重要です。

更新コンテンツに関しては、ターゲットキーワードの関連語、又は自サイトへの流入キーワードを元に、それと関連したテーマでテーマ立てをしていくと良いでしょう。

関連キーワードツールは、ohotuku.jpで提供しており、GoogleとYahooの両方から関連語を抽出することが可能です。
関連語・候補キーワード一覧抽出ツール

     
上位表示を目指すURL *

※アメブロ、jimdo、fc2ブログのURLはご遠慮ください

上位表示を目指すキーワード *
会社名/組織名
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

約束 ディーボは、一緒に順位をUPを目指します!

SEO対策では、検索上位を目指すため、検索順位や自社サイト・競合サイトの状況を見ながら、必要なSEO対策を実施・効果検証・対策を繰り返す必要があります。
ディーボは毎週火曜日にお客様のサイト順位をチェックしています。順位が変わらない、下がった方(検索上位表示されない方)には、状況に応じてフォローします。時には、内部対策のアドバイスもしています。

もっと順位を上げたい⇒状況に応じてSEOアドバイスします Googleで大変動があった⇒緊急アラートメールを送付 5位以内に表示したい⇒SEO強化プランをご提案します。状況に応じてSEO内部対策もアドバイスします 急に順位が落ちた⇒状況に応じて、SEO内部対策もアドバイスします SEO知識をフル活用してご案内いたします!ご契約中はいつでもご相談ください

テキスト広告.jpをご利用頂いているお客様は、弊社から外部や内部対策改善のご提案を実施しております。
もちろん外部・内部対策両方の質問にお応えします。必要な方(検索上位表示を目指してる方など)には現状が把握できる資料をお渡ししています。

一緒に検索上位表示を目指してSEO対策を進めましょう!

SEO、結局何をしたらいいか?教えます 内部リンク調べて提案(無料)
上位表示を目指すURL *
(例)http://○○.co.jp
上位表示を目指すキーワード *
(例)中古車
会社名/組織名 *
(例)株式会社○○○
ご担当者様名 *
電話番号 *
メールアドレス *

※個人情報の管理は、「プライバシーポリシー」に同意の上お申し込みください

競合調査(SEO被リンク状況、SEO内部状況)分析資料サンプル
株式会社ディーボについて

株式会社ディーボは、SEO業界初の検索アルゴリズム分析ツール「ALGO BUSTER」の開発をはじめ、被リンクチェックツール「hanasakigani.jp」や、立ち上げたった3ヶ月で1万ページビュー達成のSEO実験ブログ「seolaboratory.jp」等、数々のSEOサービスを開発・リリースしてます。他にも紹介しきれない様々な無料SEOツール・SEOサービス等ございます。

PR
会社概要
商号 株式会社ディーボ
本社 札幌市北区北7条西4-17-1 竹山ホワイトビル 8F
設立 2005年6月
資本金 2,000万円
従業員 18名
代表取締役社長
取締役副社長
藤沢 竜志
河野 真一
主な取引先 グーグル株式会社
ヤフー株式会社
GMOクラウド株式会社
ほか